お助け!畳の張替え業者6選

畳張替えを安くするための方法集!

トップページ > 畳の張替えについて > 畳張替えを安くするための方法集!

畳張替えを安くするための方法集!

畳張替えに対応している会社は、日本には数多くあります。
会社により、畳張替え費用は異なってきます。
そのため、複数の畳張替え会社に見積もりをして貰った方がいいでしょう。
見積もりは多くの会社で、無料で対応してくれます。
最低3社が査定して貰うことをおすすめします。
一番高い見積もりと一番低い見積もりは、数万円レベルで異なることは珍しくありません。
見積もり結果を根拠として、畳張替え会社と交渉すると、値引きして貰えることがあります。
査定会社を探すのは確かに時間がかかりますが、浮かせるお金のことを考えるとやる気が出てきます。
仮に、複数の会社に査定して貰うためにかかった時間が10時間として、5万円浮かすことができれば、時給5.000円分の働きになります。
メリットを具体的にイメージすると、モチベーションを維持することができます。


一般的には、社会人の転勤があるので3月・4月・8月は引っ越しが多くなります。
また、転勤をする社会人の中には、借家を利用している人も多くいます。
借家の場合は商売で人に住居を提供しているので、持ち家の場合と比べて積極的に畳の張替えを行うでしょう。
そのため、3月・4月・8月は畳張替え会社が忙しくなる傾向があり、この時期に依頼すると費用が高くなることが予想されます。
また、1月は引っ越しが比較的少ないとされます。
引っ越しが少ない場合は、畳張替え会社が仕事を余裕持って受けられると言えるでしょう。
したがって、1月か3月・4月・8月以外の時期に畳張替え会社に依頼すると、依頼費用を安くできる可能性が高いです。
ただ豪雪地帯は、畳張替え会社の移動がしにくいと言う問題などがあるので、1月が必ずしも他の時期より安いと言えない可能性があります。
その場合、冬の時期と3月・4月・8月を避けた月に依頼した方がいいかもしれません。


畳張替えのタイミングの目安は、裏返し3~5年・表替え5~10年・新調10~20年と言われています。
この時期に合わせて、可能な限り自宅の畳を一斉に畳張替えするといいでしょう。
一斉に畳張替えを行うと、人の手配や物の手配をまとめて行え、また、無駄な障害物が無くなるので作業の効率がよくなります。
さらに、畳張替え会社としては作業依頼費用の総額が多いと、多くの利益を確保できます。
これらの理由により、畳張替え費用をより安く済ませられることが期待できます。
部分的に張替えを行った場合と一斉に畳の張替えを行った場合、施工費用の総額が数割異なってくることは珍しくありません。
また畳張替え会社が畳張替え以外のサービスを提供している場合に、そのサービスを利用すると、利益を多く確保できるので、値引きして貰いやすくなるでしょう。