お助け!畳の張替え業者6選

畳の美しい姿を保つために張替えをしよう

トップページ > 畳の張替えについて > 畳の美しい姿を保つために張替えをしよう

畳の美しい姿を保つために張替えをしよう

和の侘びさびをしめやかに感じさせてくれる畳ですが、置いてそのまま使い続けている方も少なくありません。
日々の掃除はまめにしていても、段々と日焼けしたりしてきますし、何となく端の方が破れたような感じになってくることもあります。
家族や親戚などの集まりの時に見た目が気になると思いますが、一般的な年数としての張替え時期は5~10年と思ってよく状態を確認して下さい。
使われている素材や、使用状況によって早めに作業した方がいいこともありますし、それほど目立って悪くなっている部分がないようであればもう少し様子を見ながら大切にお手入れを続けて使っていくと良いでしょう。
梅雨の湿気る時期は張替えた後にかびやすくなったりするので、なるべく湿気のない時期に作業をしてもらえるようにすると快適に使い続けられます。


畳の張替えと一口にまとめてしまうのではなく、作業としては実際は3種類に分けられます。
3~5年ほど経った頃にまず「裏返し」を行います。
これは裏表を入れ替えて綺麗な面を使っていくやり方で、畳縁の部分だけ新しいものにする事が多いです。
6~7年ほど経過したら今度は「表替え」の作業になります。
裏返しをしてからであれば約5年程度を目安に行います。
この作業では畳表と畳縁を新しくしますが、中の畳床の部分は変わりませんから、実際に足で踏んだ時の感触は変わらないと思っておいて下さい。
10~15年程度経ったら「畳替え」で畳床、畳表、畳縁全てを綺麗にします。
長く使うと、芯の部分である畳床がへこんだようになったりして使いにくくなってきています。
感触などもこれまでと違うように感じたら、なるべく早めに相談しましょう。


金額の目安としては、最初に行う畳の裏返しは約4,000円前後です。
使用している素材などによっては多少前後しますが、それほど高くないので安心できるのではないでしょうか。
表替えをする時は状態にもよりけりなので作業料金にも幅がありますが、約5,000円から1~2万円前後はかかってきます。
畳替えをして新調する際には約1~3万円、高ければもっと高くなったりはしますので、お店と相談をしながらどのような素材を使っての作業になるのか確認しておきましょう。
最近はフローリングの床も増えていますが、やはり畳独特の優しい香りや手触りに癒されるという方も少なくありません。
置くだけでも雰囲気がたおやかなものとなりますから、適切なメンテナンスをして大切に使っていけるようにしてみて下さい。

次の記事へ