お助け!畳の張替え業者6選

トップページ > 畳の張替えについて > 畳の張替えがなぜ必要なのかご存知ですか

畳の張替えがなぜ必要なのかご存知ですか

カーペットなどは表面が硬くなってきたり、古くなってくると買い換えるイメージがあるでしょう。
しかし畳に関してはフローリングの床と同じで、いつまでも使い続けるイメージを抱かれているかもしれません。
しかし実は、畳自体は消耗品なので、いつまででも使えるというわけではありません。
そのまま使い続けていると畳表が色あせてきてしまったり、ザラザラとして足触りが悪くなってしまうこともあります。
このように経年劣化によってどうしても徐々に傷んできてしまうので、快適な状態を保つためにも定期的なメンテナンスが必要です。
そこで行われているのが張替えや裏返しなどです。
また必要に応じて新調することもあります。
そうして定期的に適切なメンテナンスを行うことで、畳を良い状態に保つことができるといっても良いでしょう。


畳自体は畳表、畳床、畳縁の3つの部分から成り立っています。
ただ、だいたい2年から3年くらい経過すると、どうしても日焼けによって色が褪せてきてしまったり、い草の痛みを感じてしまうことは珍しくありません。
ただ、傷んできたからといって最初から買い換えてしまう必要はなく、まずは畳の裏返しで対応できる場合も多々あります。
畳表は実は両面利用することができるようになっているので、畳表をひっくり返すことで再び綺麗な状態に戻すことができるのです。
ただ、裏返しをしてもまた何年か経過すると畳が劣化してきてしまいます。
また、すでに利用するようになってから5年以上が経過している場合、畳表は裏面が綺麗な状態ではなく、変色していたり枯れているような感じ2なってしまっている場合もあり、その場合は残念ながら裏返しをすることはできません。
そこで行われるのが張り替えです。
張り替えは畳床はそのまま利用しますが、畳表、畳縁は新しいものに交換します。


とはいえ、素人目に見て一体どのタイミングで畳の張替えをすべきなのかわからないということも多々あります。
また、定期的なメンテナンスが必要だといっても、なかなかできないということも少なくありません。
ではどのようなタイミングで畳の張替えをすべきかというと、やはり目安となるのはその畳の使用年数です。
だいたい4年から5年くらい使った後は、張替えを検討しましょう。
とはいえ、あくまでも4年から5年というのは目安に過ぎず、実際には畳自体はその使用状況によって傷み方にかなり差が出てしまいます。
したがって、自分でなかなか判断することができないという場合は、迷わず畳屋さんに状況を見てもらうようにしましょう。
プロの目で見てもらう事ができるので、より適切にどうすべきかを判断してもらうことができるからです。

次の記事へ